医学部には必須であろう予備校を比較

医学部予備校の選び方-2.勉強時間をしっかり確保できるか

>

これはかなり重要ですが、軽視している人が多いです。 どれだけ良い先生がどれだけ良い授業をしていてもその技術を身につけないと全く意味がありません。 特に医学部等の難関でしたら、小手先のテクニックを身につけるよりも、周りが必ず正解するような基本問題を絶対落とさないことが重要になってきます。 それだけのパワーを発揮できるのは弛まぬ努力に他ありません。 行こうとしている予備校の評判はかなり良い、しかし、通うのには時間がかかるし、電車の中では勉強できないなんてことになったらかなりもったいないことをしていると言えるでしょう。 通いやすいところに立地しているか、または通う時間をしっかり勉強にあてることができるか、そのあたりも考慮する基準に考えて頂きたいです。

さて、大きな二つの判断基準をあげましたが、受験における勉強は将来自分に帰ってくるものであるということを忘れがちです。医学部を目指す目指さないに関わらず、将来において今学んでいることが役立つ時が必ずきます。 しっかりと、つまり効率の良い方法で沢山勉強し、合格を勝ち取りましょう。


はじめに
要因1-自分にとってよりよい勉強法を身につけることができるか